iEhohs.com

社内SEとウェブ担当を目指す人のメモブログ

亀井卓也(2019)『5Gビジネス』日経文庫.読書メモ

読書メモ

通信規格が4Gから5Gになったらどんなことができるのかを勉強するために『5Gビジネス』を読みました。

著者の亀井卓也氏は東京大学大学院工学系研究科を卒業後、野村総合研究所に入社され、情報通信に関する仕事に従事されている方とのこと。

ビジネスがどのように変わるかという点が重点的に説明されていました。最近5Gの電磁波が人体に影響があるかもしれないという話題もあって気になっていますが、その点については特に触れていませんでした。

通信の高速化は上りに注目

通信の高速化については、僕は下りばかり気にしていました。大容量のデータを受け取るのが速くなるのでテキストや写真ではなく、音声や動画データでのやり取りがより普及していくだろう、と。

5Gで注目すべきは下りよりも上り。下りについては1ギガbpsだったのが20ギガbpsと普通に速くなるのですが、上りは数百メガbpsだったのが10ギガbpsと桁違いに速くなります。

これにより何が起きるのかというと、通信に遅延が無くなりリアルタイム性が増します。通信の信頼性も高まるため、介護や医療現場などのミッションクリティカルな業務(障害発生などによる中断や停止が許されない業務)での活用も期待されます。

多数同時接続を可能にしIoTへ

ひとつの基地局に多数同時接続できる台数は、4Gだと100台程度で接続できなくなってしまいます。5Gではその100倍の台数が同時接続できるようになります。

これは一般ユーザーの人数というよりも、あらゆる場所にセンサーを埋め込んで通信するという用途に最適で、IoTがより発展しやすくなることでしょう。また、情報も大量に集まるということはAIの学習にも効果的です。

最も実現してほしいのは自動運転。5G時代になれば道路を走ってるクルマすべてが自身の走行状況をリアルタイムに送信し続けることができます。他のクルマが撮影した映像をフロントガラスに映し出すといった形で危険回避ができたり、AIが危険な状況を先読みすることができれば自動運転にも影響を与えます。

IPアドレスも台数に限りのあるIPv4から、より大規模なIPv6が一般的になっていくのでしょう。5GとIoTの活用を見据えるならば、社内ネットワークもIPv6へのシフトを準備した方が良さそうです。

ミリ波帯は遠くまで飛ばない

5Gで使用するミリ波帯は遠くまでとびません。そのため基地局をたくさん建てる必要があります。

しかし、遠くまでとばないという電波特性を逆手にとり、限定的なエリアのみで通信ができるようにするということも可能です。

日本航空とKDDIがデモンストレーションしたタッチレス搭乗ゲートでは、搭乗ゲートの上部から5G電波を下向きに照射し、カバンに入ったスマホを読み取ってそのままゲートを通過できます。

他にもお店での買い物は出入り口のゲートで認証するためレジで支払い不要といったことも可能になるでしょう。

スマホは消える

中国の百度を創業した李彦宏宇治によると、「スマホは20年以内に消える」と予言したそうな。

どんなものに代替するかといえば、スマホで行っていることの大半を家電などに搭載されたAIがやってくれるようになるとのこと。家電でなくても生活動線上のあらゆるものがスマホを代替するということです。ウェアラブルを超えてビルトインっですね。

個人的にはスピーカーとマイクを内蔵したゴーグルなんかが良いと思うのですがどうでしょう。視界に捕えているものを音声入力で操作するとか。YouTubeを観たかったらゴーグルに映し出すとか。内緒の会話とかムフフな動画など、個人的なやり取りができる入出力機器は必要だと思うんですよね。

B2B2X

通信事業のこれまではB2X、つまり消費者や事業者へ通信サービスを提供し、通信料金を得るビジネスモデルでした。

5G時代はB2B2Xというビジネスモデルへと移行します。通信事業者は各産業のデジタルトランスフォーメーションを後押しする形で事業を展開します。

エンドユーザーに直接価値を提供するのはセンターB事業者であり、 通信事業者は5G通信にエンドユーザーに関する情報といった付加価値を付けてセンターB事業者に提供します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です