iEhohs.com

社内SEとウェブ担当を目指す人のメモブログ

パスワードのかかったExcel VBAを見る方法

業務効率化

マクロ作成者が不在の状態で、パスワードのロックを解除するためのVBAです。

マクロがどのように動いているのか確認したいものの、パスワードでロックされており作成者から確認がとれないという状況。ダメ元で方法はないか調べてみたら普通に出てきました。

Excel VBAマクロ パスワード解除方法

こちらで紹介されているコード一発で解決しました。孫引きになっちゃいますがリンクしておきます。

なお、Windows 10 64bit Office 365の最新バージョンでも問題なく動作しました。

VBA

コード丸写しですが、備忘録として活用したいので掲載させていただきます。

詳しい使い方は上記の引用元サイトを見てください。

Option Explicit
 
Private Const PAGE_EXECUTE_READWRITE = &H40
Private Declare Sub MoveMemory Lib "kernel32" Alias "RtlMoveMemory" (Destination As Long, Source As Long, ByVal Length As Long)
Private Declare Function VirtualProtect Lib "kernel32" (lpAddress As Long, ByVal dwSize As Long, ByVal flNewProtect As Long, lpflOldProtect As Long) As Long
Private Declare Function GetModuleHandleA Lib "kernel32" (ByVal lpModuleName As String) As Long
Private Declare Function GetProcAddress Lib "kernel32" (ByVal hModule As Long, ByVal lpProcName As String) As Long
Private Declare Function DialogBoxParam Lib "user32" Alias "DialogBoxParamA" (ByVal hInstance As Long, ByVal pTemplateName As Long, ByVal hWndParent As Long, ByVal lpDialogFunc As Long, ByVal dwInitParam As Long) As Integer
Dim HookBytes(0 To 5) As Byte
Dim OriginBytes(0 To 5) As Byte
Dim pFunc As Long
Dim Flag As Boolean
  
Private Function GetPtr(ByVal Value As Long) As Long
    GetPtr = Value
End Function
  
Private Sub RecoverBytes()
    If Flag Then MoveMemory ByVal pFunc, ByVal VarPtr(OriginBytes(0)), 6
End Sub
  
Private Function Hook() As Boolean
    Dim TmpBytes(0 To 5) As Byte
    Dim p As Long
    Dim OriginProtect As Long
  
    Hook = False
    pFunc = GetProcAddress(GetModuleHandleA("user32.dll"), "DialogBoxParamA")
    If VirtualProtect(ByVal pFunc, 6, PAGE_EXECUTE_READWRITE, OriginProtect) <> 0 Then
        MoveMemory ByVal VarPtr(TmpBytes(0)), ByVal pFunc, 6
        If TmpBytes(0) <> &H68 Then
            MoveMemory ByVal VarPtr(OriginBytes(0)), ByVal pFunc, 6
            p = GetPtr(AddressOf MyDialogBoxParam)
            HookBytes(0) = &H68
            MoveMemory ByVal VarPtr(HookBytes(1)), ByVal VarPtr(p), 4
            HookBytes(5) = &HC3
            MoveMemory ByVal pFunc, ByVal VarPtr(HookBytes(0)), 6
            Flag = True
            Hook = True
        End If
    End If
End Function
  
Private Function MyDialogBoxParam(ByVal hInstance As Long, ByVal pTemplateName As Long, ByVal hWndParent As Long, ByVal lpDialogFunc As Long, ByVal dwInitParam As Long) As Integer
    If pTemplateName = 4070 Then
        MyDialogBoxParam = 1
    Else
        RecoverBytes
        MyDialogBoxParam = DialogBoxParam(hInstance, pTemplateName, _
        hWndParent, lpDialogFunc, dwInitParam)
        Hook
    End If
End Function
 
Public Sub unprotected()
    If Hook Then
        MsgBox "VBA Project is unprotected!", vbInformation, "*****"
    End If
End Sub

各コードの詳細

ここからは僕の勉強ノートです。全然知らないコードがたくさん出てくるので、一つひとつ意味を調べて自分のモノにしたい所存。

調べて意味がわかり次第、随時追記していきます。

Private Const PAGE_EXECUTE_READWRITE = &H40

VBAプロジェクトのロックを外します。

Option Explicit

変数宣言してないとマクロは動きませんよという宣言。

Private Declare Sub / Fucntion

Private Declare Sub【プロシージャ名】 Lib "【プロシージャが含まれるDLLファイル名】" Alias "【プロシージャの別名】" (【プロシージャに渡す引数のリスト】)

Subで行うと参照するプロシージャが値を返しません。値を返す場合は事項のFunctionで行います。

Private Declare Function 【プロシージャ名】 Lib "【プロシージャが含まれるDLLファイル名】" Alias "【プロシージャの別名】" (【プロシージャに渡す引数のリスト】)  

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です