iEhohs.com

ウェブ&システム担当の仕事メモ的なブログ。個人的な記事ばかりです。

『週刊東洋経済』2020年1月18日号「今年こそ始めるプログラミング」読書メモ

学習メモ

今年こそプログラミングを始めたいと思う人は読んで正解の記事だと思いました。

最近楽天マガジンを契約しまして、興味のある雑誌をパラパラ見ているのですが、『週刊東洋経済』の2020年1月18日号の特集で「今年こそ始めるプログラミング」というのがありました。

僕はしょぼいながらもプログラミング経験者ですし、何か参考になればと思い見てみたところ、各言語の特徴について学べるところがありました。

さらに、僕が感じる「プログラミングとは」がほとんど書かれていましたので、初学者はぜひ読んでみることをおすすめします。今回はその部分の要約です。

経営層がプログラミングを学ぶメリット

プログラミングは何も直接開発に携わる人間ではなく、会社の経営層も学ぶべきです。

少し前に読んだ大澤昇平氏の『AI救国論』にも書かれていましたが、日本の企業にはソフトウェアやITインフラを正しく評価できる人間が少ないことが問題です。

プログラミングを使ってできることとできないことを判別できるようになれば、開発側との話の進め方も円滑なものになります。

小学校のプログラミング必修化

4月から小学校でプログラミングの授業が必修化されますが、これはプログラミング言語の習得を目指すものではありません。

プログラミング的思考を身に付けることが目的で、プログラミングを使って何ができるのかを知ることが重要だと僕は感じます。

この特集に関連した東洋経済の記事「素人がプログラミングに挑んでみて見えた境地」にもあるのですが、「わからないことはググれ」というプログラミング経験者のアドバイスがすべてを物語っています。

ググったらたいていのことは有志がコードとサンプルを公開しており、それをアレンジしたら作りたいものが作れちゃいます。「これは完全僕のオリジナルです」っていうプログラムは無いんじゃないかってぐらい。

そういう意味でコーディングの知識はあまり必要なく、本当に必要なのはプログラミングで何ができるのかを判断するひらめきの能力の方なのです。何ができるのかがわかればググり方も自ずとわかりますしね。

小学校でのプログラミング教育はそんな人材を育てるのに一役買うのではないかと思います。教える人間が充実していないという課題はありますが。

3つの構造と変数

僕は大学時代に受けた情報処理の講義でちょびっとだけJavaScriptを触ったことがあり、社会人になってからVBAを使ったExcelデータの管理を任されました。

ほぼプログラミング素人だった僕がVBAをすんなり受け入れられたのは3つの構造と変数の扱いを知っていたからです。

3つの構造とは、

  1. 順次構造(原則上から下へと順番に処理を行う)
  2. 反復構造(条件を満たすまで処理を繰り返し行うこと)
  3. 分岐構造(条件によって行う処理を変更する)

の3つです。

それぞれのポイントとしては、順次構造はあとから記述したコードによる処理が最終結果に優先されること、反復構造はこれを使用することで数百件から数千件の膨大な処理を行えるという業務効率の要であること、分岐構造はデータや状況に応じてさまざまな処理が行うために必要であることです。

それと変数の扱い方も必須。「a = 3」と出てきたら、「aは3である」ではなく「aに3を代入する」というように、プログラミングの世界における「=(イコール)」は「左辺に右辺を代入する」という意味になること。

さらに「a = 3」のあとに、aに2を足すとしたら「a = a + 2」という式になり、aの結果は5になります。もしこの後に「a = 1」という式を書いたのであれば、順次構造のあとから記述したコードによる処理が優先されるという法則のため、aの最終結果は1になります。

これだけざっくりな説明だとわかりにくいですが、本書ではBASICで書かれたコードを例にしてわかりやすく解説されています。

身に付けるべき言語

  • Ruby(初学者向け)
  • JavaScript(汎用性が高い)
  • Swift(iOSアプリ)
  • Kotlin(Androidアプリ)
  • VBA(Excelなど業務効率化)
  • GAS(Googleスプレッドシートなど業務効率化)
  • Java(求人件数が多い)
  • Python(AI・機械学習)
  • C、C++、C#(家電やゲーム開発)
  • Go(フリマアプリ、ただし求人件数が少ない)

個人的にはJavaScriptを極めて、今年はPythonをかじりたいところ。

VBAはある程度いじれるようになりましたが、今後はマイクロソフトオフィスよりもGoogleから出ているオフィスアプリの方が伸びる気がするので、GASも勉強してみようかな。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です