iEhohs.com

ウェブ&システム担当の仕事メモ的なブログ。個人的な記事ばかりです。

プログラミング作業用にHPのWindowsノートを導入

運用メモ

かれこれ2013年製のiMacを使ってきましたが、Windowsノートを購入しました。

サブ機として使っていきますが、iMacが壊れ次第メイン機へ移行予定です。

注文したのはHPのPavilion 15-cs3000というモデル。メモリを16GBにカスタマイズしました。

購入した経緯

まずノートPCが欲しいというところから始まります。

我が家はリビングで犬を飼っているのですが、パソコン作業をしようとすると犬を放置して自室に行くか、犬を自室へ連れていくかの2択になります。

放置はかわいそう。かと言って自室へ連れていくのはやや面倒だし、排泄の問題もあります。

それにこれから夏が訪れると犬のためにリビングのエアコン稼働率が高くなるゆえ、人と犬それぞれ活動する部屋が分散するのは電気代的に無駄が多いのです。

そこでリビングで犬を見ながらパソコン作業ができるように、持ち運び容易なノートPCを検討したというわけです。

Windowsを選んだ理由

iMacを使っているならMacbookを買うという流れになりそうですが、今回は迷わずWindowsでした。

まずMacbookは高い……というよりも、同じスペックならWindowsの方が安く導入できるんですよね。

そしてMacだとVBEの動作がイマイチ。2バイト文字を使うと見た目と実際のカーソルの位置がずれますし、そもそも動作しないコマンドがあります。

他にも画像編集で使っているGIMPもWindowsの方がインターフェースが良いですね。

iMovieやGarageBandといったMacならではのソフトを使うなら別ですが、汎用的にソフトを動かすのであればWindowsの方がアドバンテージがあると感じます。

希望するスペック要件

まずCPUはIntel Core i5相当のもの。あとはメモリが16GBのせられるとありがたい。

となると、HP Pavilion 15-cs3000で256SSD+1TBHDDのモデルをカスタマイズしてメモリを16GBに設定したものがコスパ最高かと。

とりあえずスペックの一覧が以下の通り。これだけの機能で本体価格69,000円です。

OSWindows 10 Home
CPUインテル Core i5-1035G1 プロセッサー
グラフィックインテル UHD グラフィックス
メインメモリ16GB
カラーフォグブルー
ディスプレイ15.6インチワイド・フルHD ブライトビュー・IPSディスプレイ(1920×1080)
光学ドライブなし
キーボード日本語配列、バックライト・テンキー付き
無線機能IEEE 802.11ax (Wi-Fi 6)、 Bluetooth5.0
質量約 1.82kg
バッテリ最大 9 時間
保証1年間(引き取り修理サービス、パーツ保証、電話サポート)
オフィスソフトなし

本音は13インチノートがよかった

本音をいえば、自宅内でうろうろ持ち歩きますし、自室のデスクはiMacが占領しているので、13.3インチのPavilion 13-an1000の方が使いやすそう。

そもそも15インチノートはたいていテンキーが付いていますが、個人的にテンキーはBluetoothなりで左手側に置いて使いたいところ。それに職場でHPの15インチノートを使っているのですが、テンキーとの間隔が狭いため誤操作が多いんですよ。特に多いのがBSキー押そうとしてNumLockキー押したり。

ただ、13.3インチモデルだとメモリの増設が不可能で8GBのみ。プログラミング以外に画像編集もしたいしマルチタスクができた方が便利。将来的に仮想環境整えるにはメモリは多いに越したことはないということで、操作性よりも処理性能をとったというところです。

それに13.3インチのノートはテンキーがないとはいえ、エンターキーよりも右に1列キーが並んでいるので、誤操作するのは変わりないかと。BSキーを押そうとしてHOMEキー押したらめんどくさそう。

ちなみに、テンキーがある分ホームポジションが左にずれるのを気にする人も多いようですが、僕はあまり気になりません。もともと体が左に傾いているからかもしれませんね。

納品時期はどうなるか

問題はいつ届くか。本来は注文から5営業日は発送とのことですが、コロナ禍の影響でテレワーク民がこぞってPCを注文しているのか、はたまた部品が足りないのか、かなり納品は遅れそうです。

5chを見てみたら、問い合わせた人によると航空やフェリーが使えないので船で運んでいるから遅くなっているとのこと。

HPの納品は元々そんなに早くなくて待ちくたびれる人が多い様子。2~3ヶ月は覚悟した方がいいかもしれない。夏が終わっちまうぞ。

5月13日 正式受注メール

5月12日の夜に注文をして、翌日には正式受注のお知らせメールが届きました。

これから在庫の確認をして納品時期をお知らせするという内容でしたが、注文時点で「在庫不足だから5月下旬以降の納品だから注意しろよ(5月下旬に納品できるとは言ってない)」といったメッセージが出てきていたので、まぁ待たされるだろうな、と。

5月14日 欠品のお知らせメール

案の定、欠品中で納品日が確定次第速やかに連絡しますという旨のメールが届きました。

そして「お急ぎの場合、下記ページにて5営業日でお届けできる製品をご紹介しております」と即納商品のリンクが貼られていました。

あきらめてこっちを買えって言われているようですがそうではありません。既に注文している商品はキャンセル扱いにするというわけではないので、ダブルで買えってことのようですw

5月20日 想定を上回る注文で困ってるメール

「納期に関するご案内」というメールが来て、中を覗いてみると納期が不明メールでした。

「ご注文いただいた製品は想定を上回るご注文をいただいており、引き続き入荷待ちの状況のため、お客様への正確なお届け日が確定しておりません」

とのこと。「本日から4営業日後に再度メールにて状況のご連絡を差し上げる予定です」ということで、26日には続報が来るのかしら。

まだまだ先になりそうな予感がしますね。仕方があるまい。

5月26日 納期はまだ未定。1ヶ月半はかかる?

予告通りメールが来ましたが、「現時点で入荷目途が未定のため納品まで1ヶ月半程度お時間をいただく可能性がございます」とのことで納期はまだ未定。

「状況により見込みの日程よりも早まる可能性がございますので、その際は速やかにご連絡させていただきます」ということですが、期待はせずじっくり待てってことですな。

気になるのはHPの個人向け商品のトップページにあるお知らせにご注文のキャンセル方法はこちらというページがあがっていたこと。

たぶん「待ちきれないからキャンセルして別の買うっす!」って人が多いんでしょうね。それか入荷待ちの人が多すぎて暗にキャンセルを促しているとか……。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です