WindowsでWi-Fiが非表示になって接続できない時の対処法

今回妻の分も新しくパソコンを買ったのですが、最初の起動からWi-Fiがうまく繋がりませんでした。

症状としては、SSIDを選んでパスワード入力まではできたものの、接続が切れたり繋がったりを繰り返して、しまいにはネットワークの選択画面からWi-Fiが消えました。

ドライバの不具合というのはだいたい予想がついたのでデバイスマネージャー からアンインストールしたものの状況変わらず。

そういえば5chでWi-Fiに不具合があった時はこれをしたら直ったという情報共有をしてくれた人がいたのを思い出し、ログを辿ったところドライバの更新でOKとのこと。

ドライバの更新方法

最新ドライバはネットから取得するので、LANケーブルが必要です。

イーサネットが使えないPCであれば、USBなどに最新ドライバのデータを用意する必要があります。そのデータを手に入れるためにはネットに繋がる別のPCが必要になります。

イーサネット非搭載のPCもありますが、こういう事態の時にはリスクですね。Wi-Fiしか使わないという人でもLANケーブルは1本用意しておくと安心ですね。

そういうわけでPCをLANケーブル経由でネットに接続します。このトラブルが起きるのはWi-Fiルーターを使っている前提ですので、繋ぐ先はWi-Fiルーターの空いているポートに挿せばOK。

そしたら左下のウィンドウマークを右クリックしてデバイスマネージャーを選択。

ネットワークドライバの中からWi-Fiのドライバを選択。ここは機種によって名称が変わるかも。

ドライバーの検索方法でドライバー ソフトウェアの最新版を自動検索を選択。これで更新が完了し、Wi-Fiを認識していればOK。

もしネットワークに繋がっていない場合はコンピューターを参照してドライバー ソフトウェアを検索を選びます。

ただし、あらかじめソフトウェアのデータを用意しないといけないのでめんどいです。LANケーブルを買いに走った方が早いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です